天神教室スタッフBlog

tenjin_blog
4月も終わりますね
春になり、4月に就職した方は1か月が過ぎようとしてますね。
宮崎では、観光課は既にアロハシャツで出勤しているようですね。
初夏を通り過ぎ、既に夏ですねぇ。

今が一番、着るものにも苦労しますよね…私だけかも(^^;

今の時期、入社・入学等新しいことをしてある程度の期間が過ぎると、いろいろ考えることが多くなります。例えば、なかなか学校になじめないとか、仕事に慣れないとか、考え始めるころなんです。
なので、5月の連休に入って、何もしなくていい・考えなくていい期間が続くと余計に不安になったり、やる気がなくなったりしますよね。
もう1カ月もたったのにと思うと、なんでできないんだろうですが、まだ1カ月しかたっていないのですから、先輩と同じにしようと思うことのほうが間違いです。
謙虚に周りの意見を聴き、自分の今の状態をちゃんと見極めてみてはいかがでしょうか?

ここからはお知らせです。
当講座の修了生の皆様、診療報酬請求事務の46回の詳細が出ております。
受験希望の方は、第46回試験案内をご確認くださいね。
卒業〜新しい門出
3月は卒業の季節ですね。
3月に入ると、袴姿の女性をちらほら見かけます。

学生時代が終わり、社会人に変わっていくのだなぁと感慨深く思います。
自分の時はどうだったかなと、今更ながらに思うこともありますが(^^;

卒業から入社までに間がある人は、今のうちにと羽を伸ばしているでしょう。
またある人は、既に見習い期間で遊ぶ暇もなく働いているかも知れません。
しかし、社会人としての自覚を育てる時期なのは同じです。

何をしているのか違いはありますが、季節と同じで気持ちを切り替えることで次へのステップにつなげているのは同じです。上手に気持ちを切り替えて、羽ばたいていってください。

私も次の講座が始まる前に、リフレッシュしなくては(^^♪
面接に打ち勝つために
今までと違う職業に転職する際の面接に打ち勝つには、注意することが色々あります。
おなし職業であれば、今までの業績とか、普段やってきたことをそのままアピールすればいいのですが、全く違う職種に応募する場合はそういうわけにはいきませんよね。
まずは自分の何が、応募先で貢献できる・役に立つのかを整理しましょう。

応募条件に、経験者優遇と書いてあっても、Word・Excelが使える方とか、パソコンの堪能な方尚可などと記載してあれば、パソコンの得意な人ならその部分をアピールするのです。また接遇面のできる方と記載してあれば、接遇面をアピールします。

そして、ただ私は得意ですというだけでは相手には伝わりません。
例えば、「以前の仕事でWordを使用して、簡単なチラシやビジネス文書を作成していました。」とか、「Excelは得意で、簡単な関数を使用した式も作成できます。」などと、自分のできる部分をしっかりアピールしましょう。
接遇面であれば、「接客業を経験してましたので、お客様話をしっかりと聴き、コミュニケーションを取ってきたことで、常連のお客様が多くついていました」などのように、具体例を挙げて話すようにしましょう。

期日に定めがない求人であれば、当然「長く勤めて欲しい」と求人先は思っていますので、長く働きたい気持ちなどが伝わるように工夫しましょう。やる気と積極的な姿勢をどう見せるかですね。

また、人の意見をしっかり聞くことができる「謙虚さ」、周りとうまくやっていく「協調性」は、どんな職場であっても必要ですので、面接官とのやり取りをするうえで、どう見せるかも考えましょう。
気分転換しましょう
うまくいく時はいいのですが、うまくいかない時は誰でもへこみます。
私など、普段が元気がよくて、能天気に見えるので、
周りから「悩みがなくていいねぇ」と言われますが、
何もないように見せているだけで、考えることはいろいろあるんです。
陰でへこむこともままあります。

そんな時は、気分転換が必要です。
私にとっての気分転換は、ともかく口に出すこと。

個人的なことであれば、自分の部屋で歌ったり、一人カラオケ。
大きな声を出すことで、ストレス発散しています。

仕事のことであれば、ともかく自分の考えを口に出してしゃべってみる。
こうすればいい方向に行くかな、ああすればいいかなとこれからできることを
一人ぶつぶつと口に出すことで整理しています。
洗濯しているときなどは、回ってる洗濯物を見ながらこれをやってみると
かなり自分の頭が整理できるんですよね。

そして自分で整理で来たら、次のことを必ずします。

「職場の同僚で相談できる人に、自分の考えを聞いてもらう。」

私は、「○○についてこう思ってるんだけど、どう思いますか?」と、自分の考えていることについて、評価をしてもらうというプロセスを踏むようにしています。
自分の考えだけでなく、第3者に聞いてもらうことで、自分の考えが他人にはどう見えるのかが確認できるし、自分の見えていない部分を見てもらえるという利点があるんです。

仕事に関しての悩みは、自分の常識だけにとらわれているとうまくいかないこともあるので、第3者に話すことで周りとのずれに気が付くことが大切なんです。
そして、それを素直に受け取ることができれば、人間的に成長することができるのです。
再就職した後は
再就職がきまり、就業が始まると慣れるまでは色々なことが起こります。

起こる出来事も、人によって受け取り方が違いますので、
「毎日が新しいことの連続で楽しい!」という人もいれば、
「次から次へとわからないことだらけで、どうしよう」と思う人もいるかと思います。

「楽しい」と思っている人は、そのままポジティブに頑張っていきましょう。
でも、ちゃんと周りを見渡して、自分の立ち位置をきちんと確認することは
怠らないようにしましょうね♪

「どうしよう」と思っている人は、物事を見る視点を変えて、現在の状況を見てみましょう。
変にマイナス思考になっていませんか?
「どうしよう、どうしよう」と、頭が真っ白になっているのではないですか?
「どうしよう」ではなく「どうすればいいのか」を考えましょう。
何をすれば、現在の状況を打破できるのかを「考える」こと。
もしくは「考えが出てこないほど思い詰めている」人は、まずは相談できる人に、
自分の思っていることを話してみることです。

同じ職場で、現在の自分の状況を客観的に判断できる人に、自分の考え(思っていること)を話し、そのことについての第3者の意見を素直に聞くことです。
なぜならば、いっぱいいっぱいになっている時は、周りが見えていないので、周りが見えている人からの意見を聞くことが大切なのです。

きっと、新たな目で物事が見られるようになりますよ♪
Jun.2019
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
横 300 pixel 縦 192 pixelです。(ブログの初期設定で設定してください)
横 405 pixelを超えると、表示がくずれる場合があります。